削除見出し

ペニス増大サプリの重要な成分

ペニス増大サプリの成分について

ペニス増大サプリを選ぶときに、必ず見ておいていただきたいのが配合成分です。

どの様な成分をメインとされ、どれだけの量が配合されているかが大切。

ペニス増大に欠かせない重要成分は、必ずチェックしておきましょう!

  • L-シトルリン
  • L-アルギニン
  • 亜鉛
  • 動物系成分

L-シトルリン

ペニス増大サプリに必ず取っていいほど配合されている成分が「L-シトルリン」です。アミノ酸の一種でペニスに血液を送り届ける役割を持っています。

血中に一酸化窒素を排出することで、血管拡張を促し勃起力の向上やペニスの増大を目指すのです。

ただし、メイン成分となるシトルリンやアルギニンの成分量明記で「原料生換算」と記載されていることがあります。

これは成分を製造するために、どれほどの重さのサプリメントを使っているかという明記です。

成分そのものの量ではなく、実際に配合されている成分明記ではありませんので、「原料生換算」と書かれている場合は注意が必要ですよ。

L-アルギニン

成長ホルモンの分泌を促す効果があり、血液循環の促進してくれる成分です。またシトルリンと合わさると、相乗効果が発揮されることから、切っても切れない関係性なのです。

ペニスに流れる血液を改善させ、勃起力の向上が目指せます。また成長ホルモンへのアプローチによってED予防など男性機能のサポートもしてくれるのです。

シトルリンとアルギニンの2つは食品からも摂取できますが、ペニス増大サプリは凝縮されて配合されているので、食品より効率よく摂取できますよ!

亜鉛

亜鉛は男性機能には欠かせない成分であると言われ、男性ホルモンの分泌を促します。

亜鉛は運動量に応じて汗とともに排出されやすいため、気付かないうちに亜鉛不足になっていることも。

亜鉛が不足すると、免疫力低下やEDになる可能性もあるので、摂取しておいて損はありません。

ペニス増大サプリを摂取し続けることで、性欲アップや精子の質向上が目指せます。そのほか皮膚トラブルの改善や髪のトラブル改善が見込めるのです。男性機能に加えて体の健康も目指せます。

ただし亜鉛は摂取量が定められています。

既定のギリギリまで配合している商品もあるため商品ごとに定められた用量を守る必要がありますから注意しましょう。

参考文献:グリコ株式会社

動物系成分

メイン成分以外の成分もしっかりと見ておくようにしましょう。天然成分で構成されているものや種類が豊富であることはもちろん、特に動物系成分が含まれているかをチェックしてください。

スッポンやマムシ、牡蠣といった成分は男性機能を体の中からサポートしてくれる欠かせない成分です。

機能性のほか活力を向上させ、元気な体に導いてくれます。多彩な動物系成分が豊富に含まれているものがより効果得られます。

メイン成分のほかに配合されている栄養素や種類、配合量は商品によってかなり違いがありますので、見逃さないようにしましょう。

コスパをチェックする

コスパもチェックしておくのも、商品選びで押さえておきたい点です。ペニス増大サプリの効果実感できる期間は、およそ3ヶ月と言われています。

こういった精力剤系のサプリの相場価格は13,000円ほど。
継続して飲む場合、どうしても費用がかかってしまいます。ペニスは大きくしたいけど、お金はできるだけ安く済ませたいですよね。

そこでおすすめしたい買い方は、「公式サイトのキャンペーン期間中を狙う」です

キャンペーン期間中にまとめ買いすると、1箱あたり8,500円で購入できます!
相場が13000円という事実から考えると、10,000円以内でペニス増大サプリを購入できると考えると、お得感がありますよね。

なので、「まとめ買いでコスパ良く購入できる精力剤サプリなのか」をチェックしておきましょう。

ちんこが小さい男は嫌われるって本当?

ちんこが小さい男性について

ちんこが小さいと、女性に嫌われる可能性があります。

正確には、自分から積極的にアプローチできないせいで、女性からの評価が下がっているかもしれません。

「あんまり話かけてこないし、コミュ障…?」なんて思われているかも。

セックスまで持ち込めたとしても、サイズを気にしてスムーズにできなかったという経験がある方もいるんではないでしょうか。

具体的に、なぜちんこが小さいと女性に嫌われるのかを明らかにします。

  • 女性を気持ちよくさせられない
  • 自分に自信が持てない
  • 男らしくない

女性を気持ちよくさせられない

ちんこが小さいと、女性の性感帯を刺激できない可能性があります。

女性の性感帯はクリトリスだけではなく膣の中にも存在しており、主にGスポットと裏Gスポットの2箇所です。

Gスポットは膣のお腹側にあり、裏Gスポットは膣のお尻側にあります。 Gスポットは主に正常位をする時に刺激でき、裏Gスポットは主にバックでセックスする時に刺激できます。

Gスポットと裏Gスポットは膣の奥にあるわけではないですが、ちんこが小さいと刺激も弱くなり、女性が感じくくなってしまうのです。

自分に自信が持てない

ちんこは男性のシンボルであり、その大きさは男としての評価にも直結します。

小さいと、銭湯や温泉などで肩身の狭い思いをすることになりますよね。 当然大きさは、女性に対する自信にもつながってきます。

ペニスを見られたときに、「え、小さ…」と思われるのを想像して、お誘いできなくなり、必然的に自信がどんどんなくなっていきます

ちんこが大きければベッドインした時も、堂々としていられるでしょう。 逆に小さい人は、明かりを暗くしたりタオルなどで隠していたりしちゃいますよね…。

ちんこは一生を添い遂げる相棒なので、いっそデカくすれば窮屈な思いはしなくて済みますよ!

男らしくない

ちんこの大きさは、男らしさを表すものでもあります。 大きく存在感のあるちんこは、女性にとっても大きな魅力です。

女性は脳で感じる、といった言葉を聞いたことはありませんか?

女性は想像で感度を高める傾向にあるため、大きなちんこを見るとセックスを想像して興奮するのです。 一方で、小さいちんこだと気持ちの良いセックスは想像しにくいですよね。

女性の多くは、セックスにおいて男性に対し男らしさを求めています。 そもそもちんこの大きな男性は、精力も強そうですからね。

大きなちんこを見た女性は、この男性なら激しくて気持ちの良いセックスがして貰えそう、と想像して気持ちが盛り上がるのです。