バイナリーオプションは副業トレーダーに最適?

820c595a289354250562409b2ed0cc7b_s

副業のススメ

副業に向いてるってどういうこと?

投資の世界でよく言われるのが、「バイナリーオプションは副業に最適」ということです。逆にバイナリーオプションだけを本業としている方はかなりの少数派なのではないでしょうか。

なぜ副業なのか。それはバイナリーオプションが持つ特徴は副業に向いており、かつ本業には向いていないからです。具体的にご説明すると、以下のようになります。

まず副業に向いている特徴としては、

  • 極めて短時間で取引を成立させ、結果を確認できる
  • 取引が単発的

そして本業に向かない特徴としては、

  • 偶然性、ギャンブル性が強い
  • 長期的な収益の見込みがない

やはり多くの方が「会社をやめてトレードを本業にできないだろうか」と一度は夢見たことがあるかと思います。しかし少なくともバイナリーオプションを本業にするというのは現実的ではありません。例え、今うまくいっていて利益を出せていたとしてもです。

逆に、副業として投資をするならバイナリーオプションは最も適しているともいえるでしょう。

会社にバレても大丈夫?

99b790dd523432b1b224bcc195e1f62e_s

多くの会社が副業を禁止しているため、「バイナリーオプションをして会社にバレたらどうしよう」と心配される方も多いのではないでしょうか。

基本的には副業を禁止している会社でも、投資まで禁止することは滅多にないはずです。

ただ、どうしても会社にバレたくないという方もいるでしょう。

バイナリーオプションでの儲けが大きくなると、納税通知が届いてしまいます。すると住民税が上がってしまい、会社の給与から住民税が天引きされている方の場合、給与以外で収入を得ていることが会社にバレてしまいます。

そんな時は、住民税を特別徴収にしておくと良いでしょう。そうすれば、納税が原因でバイナリーオプションが会社にバレてしまう可能性が下がります。

ただ、一番良いのは事前に会社に相談して投資をしても大丈夫かどうか確認しておくことでしょう。本業に支障が出るリスクを負ってまで投資をするのは賢明とは言えません。

まとめ

バイナリーオプションは他の投資と比べ仕組みがシンプルな分、不確実性の大きいという特徴があります。だからこそ、その収入に頼ってリスクを大きくしてしまうのは危険です。

ギャンブル性が大きいからこそ、くれぐれも計画性を忘れずに。