バイナリーオプション、税金はどうなる?

e49349e462dcb272cc5b730ed099a7c6_s

意外と知らないバイナリーオプションの税金問題

税金はかかる?どれくらい?

バイナリーオプションを絶対に忘れてはならないのが税金についてです。

当然、バイナリーオプションで収入があった場合には税金がかかります。FXと同様に、国内の業者で取引した場合どれだけ利益を出しても課税額は利益の20%となっています。(ただし収入が20万円に満たない場合は課税が免除される。)

この税金の申告を忘れてしまうと、脱税と判断されてしまい、追徴課税を取られてしまうので注意が必要です。

損失を繰り越せる!

バイナリーオプションの課税で一つ、トレーダーにとってありがたい点があります。

実は、国内業者で取引した場合、損失を3年間繰り越せるんです。

例えば、バイナリーオプションを始めた最初の年に10万円の損失が出たとしましょう。そして2年目に100万円の利益が出た場合、その100万円に税金がかかるのではなく、前年の損失を繰り越して100万円−10万円=90万円分の税金だけ払えば良いのです。

経費の扱いはどうなるか

バイナリーオプションの場合でも、必要経費は申請することができます。

この場合に必要経費として計上できるのは、セミナーへの参加費やセミナーに行くための交通費、勉強するための書籍代や文房具代などです。

バイナリーオプション関連で出費があった際は領収書をもらっておくことを忘れないようにしましょう。

海外業者でもかかる?

海外業者を通じてバイナリーオプションの取引をした場合も課税の対象になりますが、国内業者のケースは異なる点があるので留意してください。

主な相違点としては、以下の2点が挙げられます。

  • 税率が一律ではなく累進課税(5〜40%)
  • 損失の繰り越しができない

特に利益が大きくなってくると税率の違いが大きく響いてくるので、国内業者と海外業者、どちらを利用したほうが良いかは慎重に検討すべきです。

まとめ

aee88a7b58ec5b4a8fddc5bffa11b007_s

バイナリーオプションの攻略法に詳しくても税金には疎いという方は意外にも多いようです。

少なくとも、所得の申請は必ず忘れることのないようにしましょう!